中高年だけのものではない

視力検査

対策を考えてみよう

老眼といえば、中高年以上になると誰でも起こる目の症状という認識を持っている人が多いものです。ところが、最近はそうではなくなってきています。早い人では小学生でも老眼に悩まされることが多くなってきているのです。その原因や対策法などを調べてみましょう。まず、情報をチェックすることが大事です。老眼に関する情報はインターネットでも調べられます。初期症状のチェックなどもしておきましょう。それに当てはまるようならすぐに眼科で検査を受けた方がいいかもしれません。それから、老眼のチェック方法としてよく挙げられるのは、パソコンやスマホを日常的に使うかどうかという点です。今の時代、小学生でもパソコンやスマホを日常的に使うことがあります。これが老眼低年齢化の原因となってきているのです。一定の時間、これらの機器を使い続けていると目を酷使することになります。瞬きの回数も減り集中して見続けてしまうわけです。これによって老眼になってしまうことがあるのです。そうならないようにするためには、当然、使用頻度を減らすことをおすすめします。小さなお子さんに管理を任せるのは酷です。ここは周りの大人や親御さんなどがチェックしてあげましょう。使用時間を決めたり、休憩時間を決めたりすればいいのです。また、仕事でどうしてもこれらの機器を使う人も居ます。この場合も休憩時間をできるだけ設けましょう。5分でも10分でも目を休ませることが大事です。