初期は自覚しづらい症状

女性

疲れ目のときも要注意

近くにあるものが見えづらくなるといった症状があったら、それは老眼である可能性があります。個人差はありますが40歳あたりになる人が多く、たとえ遠くのものが見えづらい近眼の人でも老眼は起こります。初期症状としては本を離すと小さい文字がよく見える、近くのものを見ようとすると目が疲れるといった現象が起きてきます。また、目がかすんだり肩こりや頭痛が起きるという人もいるので、目からくる疲れで体調不良にある場合は要注意です。薄暗いところではモノが見えにくいという人もいます。近眼の人の場合、メガネを外すと文字が読みやすいといったことがないかどうかチェックしてみてください。暗いところで新聞を読んでみるのもひとつのチェック方法です。文字を読もうとするときに目が疲れたり肩が凝ったりしないかどうかで、チェックしていきます。スマホやテレビの画面もチェックするツールとして使ってみてください。強い光を放つ画面を見ていると、光の量を調節してくれる虹彩筋に負担がかかり、老眼が進みます。そのため老眼の人はテレビやスマホを見ているだけでもすぐに疲れます。これらの症状の中で2以上当てはまるようであれば、老眼の可能性があります。なかにはただの疲れと見過ごしてしまいがちな症状もあるので、少しでもおかしいなと感じたら病院で検査してみましょう。老眼は近眼のように視力回復法をすれば良くなる症状ではないので、早めに症状を食い止めることが必要です。自分に合う老眼鏡を手に入れて、少しでも進行を食い止めるようにしましょう。