目を酷使しない

眼

初期症状を把握する

老眼にならないようにするためには、老眼に関する情報を集めておくことをおすすめします。チェック方法はネット上にも載っているので試してみましょう。例えば、字が読みづらくなるという症状が挙げられます。これは老眼の初期症状の一つであり、チェックしやすい症状でもあります。今まで新聞を読んでいてもスムーズに読めていたのに、新聞から遠ざからないと文字がスラスラ読めなくなってしまったというのは明らかに老眼の症状です。すぐに眼科で検査を受けてみましょう。このようにしてチェックすることで、早期に老眼かどうか知ることができます。年齢的なものだからと諦めてしまうのではなく、対策を考えてみるのも大切です。日頃の生活に気をつければ、老眼の進行を遅らせることも可能です。まず、チェックしておきたいのは目の酷使をしないという点です。目を休ませる習慣をつけましょう。仕事柄、一日中パソコンやスマホを使用する人は、休憩時間を定期的に設けることをおすすめします。1時間使用したら10分程度は目を休ませるようにするのです。遠くを眺めたり、緑の景色を眺めたりするといいかもしれません。それから、休日は一切パソコンやスマホを使わず、ストレスフリーの日を設けるようにするといいでしょう。運動をしたり、趣味に没頭したりすることでストレス解消になります。ストレスが溜まることも目に良くありません。お酒の休肝日を設けるような感じで目を休ませてみましょう。