子どもにも多い

メガネと書物

気をつけてあげよう

老眼というと40代以降なら誰でも発症する老化現象の一つというイメージがあったものです。しかし、現代では全く違ってきています。現代では小学生のお子さんでも老眼になることがあるのです。そのチェックの仕方について親御さんは知っておいた方がいいかもしれません。まず、老眼のチェック方法としては見え方が挙げられます。これまでと見え方が違ってくるので、お子さんでも気づくことがあるかもしれません。字が読みづらいと訴えるようなら近眼や老眼の可能性があります。特に、本や新聞などの文字を読むのに遠くに離してみるかどうかチェックしてみましょう。遠くに離した方が見えやすいというようなら、近眼ではなく老眼の可能性が高くなります。それから、チェックの仕方は簡単です。子どもの場合、自分では気づきにくいため目が見えにくいことでイライラ感が増すことがあるからです。必要以上にイライラしていたり、癇癪を起こしたりするようなら目が見えにくくなっているのかもしれません。特にスマホでゲーム三昧というようなお子さんには注意しましょう。一点を長時間集中して見続けることになるので、瞬きの回数が減ります。ピントを一点にずっと合わせていることになるので、これが目の酷使となり、老眼に繋がってしまうことがあるのです。最近はスマホ老眼といった言葉も取り上げられるようになってきていることから、スマホ使用の多いお子さんには時間を決めるなどして対策しましょう。