女性

初期は自覚しづらい症状

老眼かどうかチェックする方法としては、まず近くの文字を読むことから始めます。他にも暗いところやスマホなどの画面を見ているとツラいといった症状がないかどうかチェックしたとき、2つ以上当てはまるようであれば老眼の可能性があります。

眼科へのきっかけ

老眼

眼科を受診する

老眼の症状は、近くのものが見えにくいというものや、薄暗いところで見えにくいというものです。眼の水晶体のピント調節の能力が低下することで起きます。これは老化により起こるもので、症状を感じる時期は人によって異なりますが、誰でも起こるものです。実際に字を読みにくくなってきた場合、症状が始まっている可能性があります。自覚するためにはチェックすることが大事です。インターネットにおいて手軽にセルフチェックを行うことができます。それで自分自身の症状を自覚して眼科などで治療を受けるのであれば問題はありません。しかしながら、セルフチェックで問題がなければ何もしないと言うことがないようにすることです。セルフチェックはあくまでも自己判断なので、絶対的なものではありません。セルフチェックで老眼の症状を自覚した場合、すぐに眼科を受診することがポイントです。眼科においては本格的な医療機器を使用した検査が行われます。場合によっては老眼ではない、別の眼の病気が見つかることもあります。ただ、いずれにしてもセルフチェックというきっかけがあり、見つけることができたと言えます。正しい診察を受けることができれば、正しい治療を受けることができます。また、スマートフォンやパソコンの使用が老眼になる時期を早めているという可能性があることから、仕事などで日常的に使用している人は症状がなくても意識してこまめにチェックすることが大事です。

視力検査

中高年だけのものではない

老眼は誰でも起こり得ることなので、日頃から情報をチェックしておいた方がいいでしょう。最近は小学生でも老眼になることがあります。中高年以上の病気というのではありません。どうすれば起こらないようになるのか考えてみましょう。

メガネと書物

子どもにも多い

老眼は子どもでも発症することが多くなってきています。本人は気づいていないこともあるので、親御さんがしっかりチェックしてあげましょう。特にゲーム三昧のお子さんには注意した方がいいかもしれません。目の酷使が原因となるからです。

視力検査

目を休ませよう

老眼のチェックをしてみましょう。いくつも当てはまるようならすぐにでも対策を練る必要があります。改善方法はいくつかあるので試してみましょう。とにかく目を休ませることが大切です。一点を見つめるような動作は回避しましょう。

眼

目を酷使しない

老眼にならないように気をつけるためには、老眼の症状について知っておくことが大切です。自身が老眼かどうかチェックしてみましょう。その方法はネット上にも載っています。字が読みづらくなることが初期症状の一つです。